子供の肥満を予防するには?

子供の肥満は現代社会で問題視されていることの1つです。飽食の時代と言われてからは肥満の若年化が加速しています。子供の肥満をいかに予防するかが、大きなテーマにもなっています。よく肥満は遺伝すると言われていますが、確かに乳幼児の頃の肥満は遺伝的な要素も大きく予防がしにくい面もあります。幼児期から学童期にかけて増え始める肥満は、遺伝よりもむしろ生活習慣や食習慣に問題があることも多いようです。周囲の大人の対応によっては、肥満の予防もできるでしょう。家庭での食事が高カロリーであることが子供の肥満に関係しているなら、家の人間も肥満であるかもしれません。食事を共有していることで、子供が肥満になりやすい環境にあることになります。肥満の予防に日常の食事内容や間食内容をチェックし直し、栄養の偏りがない適性カロリーの食事をすることが大事になります。肥満度の高い子供は運動を好まないことが少なくないため、そのために運動不足になって肥満が悪化するといいます。子供の肥満予防には、水泳が効果的だといいます。