名古屋の高速バスは今鉄道と競合しています

名古屋は東海地方の中心都市です。
そのため、ここを中心として交通のネットワークが整備されていて、東海地方のハブとなっています。
交通の面では、名古屋駅がすべての中心になっています。
ここには新幹線やJRなどの鉄道が乗り入れているだけでなく、名鉄や近鉄などの私鉄も乗り入れていて、東海地方一の交通の要所となっています。
また、鉄道だけでなくバス路線も駅に隣接しているバスターミナルと起点としています。
近隣を結ぶ近距離バスだけでなく、三重県方面や北陸方面、長野方面への高速バスの拠点にもなっています。
さらに定期的なバスだけでなく、観光地に向けて運行されるツアーバスの拠点にもなっています。
そのため、鉄道とバスは常にライバル関係にあるのが名古屋の特徴です。
特にこの地域は高速道路網がしっかりと整備されている関係で、高速バスと鉄道の特急列車は常に競合相手になっています。
そのため両社でサービスや価格の競争が激しくなっています。